ペットを飼っていればいつかは通らなければならないペットロス。

ペットを飼っていればいつかは通らなければならないペットロス。
ペットロスと向き合う
命あるものはいつか必ず最後には亡くなります。
親や兄弟など、家族が亡くなった時にはとてつもない悲しみが訪れることでしょう。

それはペットだったとしても同じです。
家族の一員としてともに暮らしてきた、愛するペットが亡くなってしまったら深い悲しみが込み上げてきて、しばらくは何も手につかないことでしょう。
ペットの寿命は人よりも短いものです。
ほとんどの場合は、ペットの方が先に亡くなってしまうことでしょう。

あまりにつらい思いをしてしまい、精神を患ってしまう人も中にはいるのではないでしょうか?

ペットロスとは

ペットロス、ペットロス症候群という言葉を聞いたことはありますか?
最近ではいろいろな事象に対して、〇〇ロスや、〇〇症候群といった名称を付けがちです。

このペットロス、もしくはペットロス症候群も最近できた言葉で、そのままペットを失った時の悲しい状態などを表す言葉になります。
ペットに対する考え方や、ペットの地位が向上してきた近年ならではの症状と言えるでしょう。

そんな現代病とも言えるペットロスとはどういったものなのでしょうか、一緒に学んでいきましょう。

ペットロスとは

ペットロス症候群のこと

ペットロスとは、飼っていたペットが亡くなってしまい、深い悲しみで打ちひしがれている状態のことを言います。
ペットを飼っている人ならば誰でもなる可能性があり、普通ならば時間やさまざまな要因で回復していきます。

しかし、近年では心が落ち込んだままになってしまい、うつ病などの心の病気にかかってしまう人も出ています。
なぜペットロス症候群という言葉ができるくらいに、ペットの死が重いものになってしまったのでしょうか。

それには、ペットの地位の向上が関係しています。
昔のペットは使役動物でした。

ワンちゃんは家の外で番犬として飼われ、家に上げることもなかったでしょう。
しかし、近年では愛玩動物として飼われ、さらには伴侶動物(コンパニオンアニマル)と言われようにもなりました。
家族と一緒に家の中で暮らし、一緒に寝ることが当たり前になっていったのです。

また、少子化や、核家族が増えたこともあり、家族の一員として迎えられることが増え、子供の遊び相手などを任されることも増えました。
生まれた時からペットがいて、その状態が当たり前という人も多いのではないでしょうか?

このような状況が、ペットと飼い主の心の繋がりを深め、亡くなった時に大きな悲しみとして心に現れてしまうのです。

症状

うつ病

ペットは家族同然であり、ペットに依存してしまっている方も多いかと思います。
あまり深くペットに依存をしてしまうと、ペットロスにあった際に、心の寄りどころが無くなり、うつ病になってしまうこともあります。

うつ病は誰でもなる可能性があます。
今まで当たり前のように過ごしてきた家族がいなくなってしまい、もう会うことはできないと思うと、さまざまな感情が浮かんできます。

なかなか現実として受け止めることができずにいると、心のバランスを崩し、どんどん症状が悪化してしまう可能性もあるでしょう。

摂食障害

精神的に疲れてしまうと摂食障害になることもあります。
心のバランスが崩れていると、日常生活を送ることに支障が出てしまいます。

あまりの悲しみや喪失感で食欲が湧いてこなくなる拒食症や、悲しみを埋めるために食べ過ぎてしまう過食症になってしまいます。
拒食症の場合には、ペットはもう食事ができないのに、自分は食事をしていることが罪悪感となり、食べることを拒否してしまいます。

過食症は、今の悲しい感情をごまかすためや、今まではペットと遊んでいたのにすることがなくなってしまった寂しさをごまかすために食べてしまい、同時に食べていたものを全部吐いてしまいます。

睡眠障害

睡眠障害も、精神のバランスを崩した時に多く発症する病気です。
ペットを亡くしたあと、寝ようとするとペットの事が頭から離れず、気持ちが落ち込んでしまってなかなか寝付けなくなります。

悲しくて涙が出てしまう場合には、自律神経が気持ちを落ち着けるために出す機能なので悪いことではないのですが、気持ちが落ち着かない場合には自律神経のバランスを崩してしまうことになります。
ペットがいないことや、眠れないことなどに不安を感じてしまうと、そのまま睡眠障害を発症してしまうのです。

疲労・虚脱感

その他に、疲労感、虚脱感を伴うことがあります。
今まではペットと暮らすことで癒やされて、嫌なことがあっても元気をもらえていたものが無くなってしまったことで、なにに対してもやる気が出なくなってしまいます。

ちゃんと休んでいるのに疲労感が抜けなくなることもあります。
この場合、何かをして疲れているわけでもないのに疲れた状態になってしまいます。

なにもやる気が出ずに、いつも疲れているので病院に行くと、うつ病と診断されることもあるそうです。
こういった症状はうつ病の一歩手前か、発症してしまっていると考えた方がいいかもしれません。

原因

後悔が生む悲しみ

ペットを失うことで、さまざまな感情が現れて、とても苦しんでしまうことでしょう。
その中でペットロスの人がよく話すことは、後悔していることです。

親や、兄弟でもよくあるとは思いますが、普段一緒にいると、その存在の大切さに気づかない場合があります。
ペットの場合も同じで、かわいがっていても、時には世話が面倒だったり、疲れていて遊んであげなかったり、十分に愛してあげることができないこともあると思います。

なかなかすべてを叶えてあげることは難しいと思いますが、そういった行動がペットロスの時に後悔として現れるのです。

もっと遊んであげれば良かった、もっとおいしいもの食べさせてあげればよかったという、日常の中の後悔から、亡くなってしまった当日に、もっと撫でてあげればよかった、会社に行く時に挨拶すればよかったなどの、その日の行動に対する後悔などがたくさん出てきます。

本当に自分に飼われていて幸せだったのだろうか、もっとお金がある家だったら、時間のある飼い主だったらあの子も幸せだったのではないかと、自分を責めはじめてしまうことでしょう。

また、家の中には愛するペットとの思い出がたくさんあるかと思います。
そのひとつひとつを見るたびに、愛するペットの顔が思い浮かんでしまって、もっとこうすれば良かったというマイナスな感情がどんどん大きくなってしまうのです。
考えれば考えるほど、悲しみは増してしまい、忘れることができなくなり、心の中がペットでいっぱいになってしまいます。

それがキッカケとなり、うつ病や睡眠障害などの精神病にかかってしまい、悲しみも病気もなかなか治らなくなってしまいます。
悲しみが癒えない場合、誰が悪いわけでもないのに、感情を抑えることができなくて家族に当たってしまう場合もあります。

依存が強すぎると、その傾向がさらに強くなってしまいます。
頭の中でいつもペットのことを考えてしまい、さまざまな後悔の念と、自分に対する怒りや罪悪感にさいなまれてしまうでしょう。

最終的には、ペットなんて飼わなければ良かったという気持ちになってしまうこともあるでしょう。
そんな風になってしまってはペットも報われないですよね。

亡くなるタイミング

ペットとの別れは突然やってきます。
出かけて帰ってきたらぐったりしていたり、交通事故にあったり、病気にかかったりと、亡くなる理由はさまざまですが、思いもよらないタイミングで亡くなってしまうことがあります。

病気や老衰の場合には、もうすぐなのかなと考えることができますが、交通事故など急に亡くなってしまった場合には、心の準備もできていないとかと思います。
ワンちゃんは、散歩をするのに外に連れて行かなければなりません。

近くの公園までや、車通りも少ない道や、いつもの散歩道を通るからと、ちょっと油断をした時に悲劇が起こる可能性があります。
自分のミスでペットは死なせてしまったら後悔の念で押しつぶされてしまうでしょう。

家の中でも、危険なことはいっぱいあります。
対策を怠ってしまうと、考えらないような理由で悲しい事態になってしまう場合もあります。

自分が怠けたことが原因でペットが死んでしまったら後悔どころではないでしょう。
このように、ペットが突然亡くなってしまうことは多々あります。

突然の死に直面してしまうと、悲しみも深く大きいものになってしまうことでしょう。
そうならないためにも、ペットを危険から遠ざけるように常に注意をしましょう。

乗り越えるには

最愛のペットが亡くなってしまうと深い悲しみが心に現れます。
それも、突然の死だった場合にはなかなか受け入れることができないでしょう。

しかし、ずっと悲しんでいるわけにはいきません。

時間は止まることなく動き続けます。

悲しみを乗り越えなければ、ペットも浮かばれないでしょう。
ペットのためにも悲しみを乗り越えるすべを学んでいきましょう。

ペットロスを乗り越えるには

しっかり供養する

ペットロスを乗り越えるためにはしっかりと供養することが重要です。
ペットが亡くなった時には、現実として受け入れられないという人もいると思います。

供養をすることで、亡くなってしまったという現実と向き合い、心を落ちつけます。
その際にはいっぱい感謝をしましょう。

感謝をすることで、心も前向きになり、ペットロスが解消されていきます。
供養をすることで、ペットがちゃんと旅立ったと感じる人や、安らかに眠ったと安心する人もいて、心に区切りを付けられます。

逆にしっかりと供養ができなかった場合は、そのことを後悔していまい、ペットロスを悪化させてしまうこともあります。
ペットが亡くなった時にどうするか、事前に調べて考えておいた方がいいでしょう。
葬儀の方法もさまざまあり、自分で納得できるものにしましょう。

また、悪徳な業者もいて、雑に扱われたり、別の遺骨が帰ってきたり、詐欺にあったりすることもあります。
そうなってしまっては後悔しか残らなくなってしまいます。

ペットロスを乗り越えるためにも、しっかりと供養をしてあげましょう。

新しい子を迎える

新しい子を迎えるのもペットロスを乗り越える方法のうちの一つです。
ペットロスの原因の一つに、心のよりどころにしていた家族が亡くなってしまったことの喪失感があります。

心に開いてしまった穴を埋めるために新しい子を迎えるのです。
ペットは飼い主に依存しなければ生きていくことができません。

新しい子を迎え入れて世話をすることで、悲しみが薄れていきます。
慣れてきた頃にはペットロスも無くなっているのではないでしょうか?

ただ、注意も必要です。
気持ちの整理ができていない場合に、新しい子を迎えた時に、前の子に対する罪悪感が出てしまう場合があります。

新しい子をかわいがることで、前の子を裏切っていると感じてしまうのです。
そうなると、かわいがることができずに悲しい思いをさせてしまいます。

ふとした瞬間に前の子を思い出すこともあります。
前の子が寄って来るイメージで家のドアを開けてしまった時に、新しい子が寄ってきたことに違和感があり、なんでこの子なのだろうという気持ちになってしまう場合があります。

新しい子を迎えることはペットロスを乗り越えることにも役立ちますが、自分の気持ちの準備が整っていない場合は、お互いに悲しい思いをしてしまうこともあります。
新しい子を迎える前に、自分の気持ちをしっかり確認し、家族の一人でも反対するようなら無理に飼うことは止めましょう。

同じ境遇の友人・知人と悲しみを共有

ペットロス経験者の声

ペットロスを乗り越えるために、同じ境遇の人と気持ちを共有することも大事です。
ペットを飼っている人同士なら、お互いの気持ちを共有することもしやすく、事前に亡くなってしまった時の話などをすることで、ペットロスを少しでも緩和することができます。

ここで、ペットロスを経験している人の声をネットでいくつか抜粋してみたのでご紹介したいと思います。

東京都在住 32歳男性
ゆきおさん

犬を飼っていました。柴犬の子供で、私が小学生くらいの頃に家にきました。
親が落語を好きなこともあって、名前は鶴光とつけてとてもかわいがっていました。
しかし、中学3年生の頃、散歩に行った時に私の不注意で車に轢かれてしまったのです。
昔からちょっとドジだったので親には散々注意をしろと言われていたのですが、ふとした拍子にリードを放してしまい、そのまま轢かれてしまったのです。
随分昔の話なので、精神的には大丈夫ですが、今でもあの光景は覚えていますし、とても後悔しています。
それ以来ペットを飼うことができません。

東京都在住 38歳女性
めぐみさん

小学生の頃にちーこと名前をつけてハムスターを飼っていました。
ちーこは気性が荒くて、すぐに噛みついてきました。
かわいい外見とはうらはら、とても痛い思いをしたのを覚えています。
触る時には軍手をはめていたので、ちーこを持っている写真を見るとどれも軍手をしていました。
中学生に上がるくらいの頃にちーこは死んでしまいました。
噛まれたり、うるさかったり大変でしたが、やっぱりいなくなってしまうと寂しいもので、始めのうちは毎晩泣いていました。
ちーこを亡くした悲しみは1年くらい続きましたが、だんだんと薄れていきました。
今でもハムスターを見るとちーこのことを思い出します。

埼玉県在住 45歳女性
ともみさん

実家を出て一人暮らしをしていたのですが、30過ぎたくらいから一人でいることがさみしくなってしまい、ミニチュアダックスフンド犬を飼うことにしました。
名前はチリで、とても甘えん坊で毎日に生活が楽しくなりました。
仕事が終わればすぐに家に帰って遊んで、休日もずっとチリと遊んでいる生活でした。
家族というより恋人みたいな存在で、私にはなくてはならない存在になっていました。
でも、歳を重ねるごとにチリもだんだんとおじいさんになって元気がなくなっていきました。
死んじゃうことなんか考えたくはなかったんですが、だんだん弱っていくチリを見ていて悲しくて仕方がありませんでした。
私が43歳の時にチリは死んでしまいました。
それからは心に「ぽっかりと穴が開いたみたいで、なにをしていても手に付かず、どんなことをしても満たされず、毎日泣いています。
あれから2年経ちましたが、まだチリのことが忘れらず、足音や鳴き声が聞こえるような気がして、家の中でチリを探してしまうことがあります。
親や友達にも心配されているのですが、まだチリが死んでしまったことを受け入れることができていません。

青森在住 48歳男性
さとうさん

子供ができた時に、遊び相手になればとチワワを飼うことにしました。
元気いっぱいに遊びまわる子で、旅行に行くときも一緒に行ける所を探して行くようにしていました。
子供とも相性が良かったみたいで、息子とは親友のような感じに遊んでいて、飼って良かったととても思いました。
ある時に食欲がなく、元気もない日が続きました。
なにかの病気かなと心配になり、病院に連れて行ったら、なんとおなかに腫瘍ができていると言われました。
あまりのことに始めは理解ができませんでした。
かわいそうなので、すぐに手術をしたのですが、結局死んでしまいました。
ペットロスっていうのですかね、何も手に付かず、もっと早く気づいてあげれば死ななかったのではないかと自分を責める日々でした。
家族にも強くあたってしまって、そのことでまだ後悔しています。
今は2匹目を飼うことにして、乗り越えることができましたが、いまだにあの子の足音がする気がしています。

神奈川在住 24歳女性
もかさん

小学生の頃にインコを飼っていました。
どうしてもペットが欲しくて親に頼んだらインコならいいと言ってくれて、すぐに買いに行きました。
頭が黄色で顔は白で身体が緑のインコでした。
名前はその時に忍者が好きだったのでサスケにしました。
世話は全部私がやるという約束で飼ってもらえたので頑張って世話をしました。
始めはなれないことや、臭いのこともあり大変でイヤだなと思ったこともあったのですが、毎日世話をすることで心が通じているような気がして、だんだん自分の一部のような気がしていました。
死んでしまった時のペットロスはかなり大きなものでした。
しばらくはカゴを片すこともできず、エサや水を交換したりしていました。
ペットショップにインコがいると、見るだけで涙があふれてきてしまいました。
サスケのことは1年くらいずっと頭から離れませんでした。
私が辛そうなのを見て、お父さんが新しいインコを買ってきてくれました。
始めはサスケ以外の子を迎える気にはなれなかったのですが、世話をしているうちにかわいいと思えるようになって、やっとサスケのことで悲しまなくなりました。
ただ今でも心ではサスケはどこかにいるような気がしています。

このように、状況もさまざまあり、ペットロスが長い人もいれば、短い人もいるようです。
自分の状況を吐き出して、共感してもらって、ペットロスを乗り越えて下さい。

部屋の模様替え

愛するペットとの思い出は、家の中にいっぱいあると思います。
使っていたお皿やおもちゃ、壁についている傷、ケージを置いていた部屋などを見るたびに楽しかったころの思い出が蘇ってくることでしょう。

やはり、一緒に暮らしていた時と同じ状態のままだとなかなかペットロスから抜け出すことができません。
思い切って模様替えをしてみましょう。

使っていたものはなかなか捨てられないかもしれませんが、必要のないものは捨ててしまいましょう。
壁に付いている傷や、汚れも思い出すきっかけになるものなので、思い切って壁紙を変えてみましょう。

柱などの傷は、傷隠しなどを使ってわからなくして、すこしでも思い出す回数を減らすようにしましょう。
愛するペットとの思い出が無くなるわけではありません。

考えすぎたり、思いすぎてしまったりすればするほど、感情はどんどん大きくなります。
少しでも考えることを減らして、ペットロスを乗り越えるために部屋の模様替えをしてみましょう。

手紙を書いてみる

なかなか現実として受け入れることができない時には手紙をかいてみるのもいいと言われています。
今の自分の状況を踏まえて言いたかったことを書くことで、自分の気持ちを整理するというものです。

まずは伝えることができなかったことを書きましょう。
ありがとうや、ごめんねなど、本当はこう言いたかった、言えないままで後悔していることがないでしょうか?

後悔していることを手紙に書いてみることで、気持ちを整理しましょう。

楽しかった思い出を書きましょう。
楽しかった思い出を書くことで、気持ちも前向きになり、その時の気持ちなどペットと共有できたような気持ちになります。

始めて来た日から、さまざまな思い出があると思います。
ひとつひとつ思い出しながら、特に楽しかった思い出を書いてみましょう。

最後のお別れを書きましょう。
お別れはしてしまうけど、自分もこれから頑張るというような前向きな気持ちをつづることで、元気で頑張れる自分が想像できます。
特にちゃんとお別れができていない人は、最後に思いを書いて伝えましょう。

自分の気持ちを整理することで、ペットロスを乗り越えましょう。

カウンセリング

さまざまな対策をしてもペットロスを乗り越えることができない場合にはカウンセリングを受けるようにしましょう。

ペットロスはうつ病に発展してしまう可能性もあり、そのうち良くなるだろうと放置をしてしまうと、取り返しのつかないことになる可能性もあります。

自分の現状を理解して、心の整理をするためにもカウンセリングは有効です。
悲しみを吐き出して、誰かに聞いてもらうことで、心はとても楽になります。

カウンセリングでは、プライバシーは守られるし、カウンセラーは話を導き出すプロです。
すべてを任せて、感情の赴くまま話をしてみることもいいでしょう。

一人では解決できない場合には、誰かに頼ることは悪いことではありません。
カウンセリングを受けて、早くペットロスを乗り越えましょう。

いつか来るその日まで

精一杯の愛情を注ぐ

亡くなってから後悔することはいっぱいあると思います。
後悔の念が強い場合には、ペットロスになってしまいがちです。

あの時こうすれば良かった、もっとかわいがってあげれば良かった、疲れている時でも遊んであげればよかったと、さまざま理由が出てくると思います。
日常の生活を送っていれば、ペットにとって一番いいことをし続けるというのは難しいことだと思います。

しかし、生き物であればいつか必ず死が訪れますし、それが急なこともあります。
その時になってから後悔しても遅いので、今のうちからいっぱい愛情を注いであげましょう。

普段からいっぱい愛情を注ぐことで、重いペットロスを回避できるのです。

ごめんなさいではなく、感謝の気持ちで見送れる過ごし方

最後に伝えたい言葉がごめんなさいではなく、ありがとうと言えるようにしましょう。
ごめんなさいと言ってしまう場合には、後悔が大きい証拠です。

日々自分のことで手がいっぱいになってしまい、ペットのことをおろそかにしてしまうと、深い後悔をすることになり、ペットロスも大きくなってしまうでしょう。
ありがとうと言うことができれば、ペットもいっぱい愛された証拠になります。

いっぱい愛することで、飼い主もいっぱい愛をもらっています。
お互いの気持ちが感謝の気持ちであれば、送り出す時にも前向きな気持ちになれます。

ありがとうと送り出すことができたのなら、ペットロスも少なく、大きな問題になることもないでしょう。

まとめ

ペットロス

ペットロスは近年では増えている病気のうちの一つです。
ペットとの関わり方が大きく変わるようになってきた現代だからこそ増えています。

ペットを飼う際には、最後までちゃんと愛してあげられるか考えましょう。
中途半端になってしまったり、依存してしまったりすると、大きな反動となり、心の病になってしまう場合も出てくることでしょう。

しかし、どんなに気をつけていても、ペットロスには誰でもなってしまう可能性があります。
重くならないようにするためにも、事前に予防するようにしましょう。

もしペットロスになってしまったとしても、乗り越えるために行動を起こしましょう。
それでもダメならばカウンセラーなど誰かを頼るようにしましょう。

ペットロスが深くなってしまい、気持ちが下を向いているような状態は亡くなったペットも望んではいません。
最後には今までありがとうと、感謝を込めて送り出してあげて、ペットロスを乗り越えていきましょう。