犬の熱中症は相当危険な病気です!正しい知識を身に着けよう。

犬の熱中症は相当危険な病気です!正しい知識を身に着けよう。

犬にとって熱中症は命に関わる!正しい知識を身に着け愛犬を守ろう!
犬にとっては温度管理が非常に重要です。
犬は体温調節が苦手で、人のように汗をかいて調節をすることができず、舌を出してハァハァと呼吸をすることしかできません。

そのため、気温や湿度に気をつけていないと、熱中症にかかってしまいます。
夏場は特に注意が必要で、あまり暑い中散歩をさせていると、取り返しのつかないことになってしまうこともあります。

冬場も外気が冷たいからと気にしないで、室内の温度を上げ過ぎてしまうと、気づいたら部屋でぐったりしている愛犬を見ることになってしまうでしょう。

愛犬が取り返しのつかないことにならないように、正しい知識を学んで、熱中症から守ってあげましょう。

犬の熱中症

犬にとって毎日の散歩は欠かせない運動です。
ただ、散歩の時に注意したいのは熱中症です。

気温や湿度が高いと熱中症になる可能性が高くなりますが、最近ではアスファルトの温度も問題になっています。
また、お留守番をさせる時にも、エアコンをかけないで出かけたりすると、熱中症にかかってしまうことがあります。

犬のちょうどいい温度を把握してあげて、体温を管理してあげましょう。
非常に怖い熱中症、かかってからでは遅いので、まずは原因や症状を見てみましょう。

犬の熱中症

原因

犬が熱中症になってしまう原因は、温度と湿度にあります。
犬は体温調節が苦手なので、体温が上がり過ぎてしまうと、熱中症にかかってしまいます。

夏場など、気温が上がってきている時には、昼に散歩に行かずに、アスファルトが熱を帯びていない早朝か、夜の熱が冷めた時間に行くようにしましょう。

アスファルトは熱を吸収しやすく、真夏の日中では60度以上に上昇してしまう場合もあります。
東京ではアスファルトで舗装されている場所がほとんどなので、日中の散歩は避けるようにしましょう。

夏場はもちろんですが、冬場でもお留守番をさせる時に、室内の温度を調節してあげるようにしましょう。
もちろんエアコンを付けないことは論外です。

夏場にエアコンをつけなければ、部屋の温度がどんどん上がってしまい、蒸し風呂状態になってしまいます。
冬場でも、温度調節を間違えて高い設定にしてしまうと、熱中症になってしまう場合もあります。

とにかく犬の体温を気にかけてあげて、熱中症にならないようにしてあげましょう。

原因

症状

パンティング

犬の体温の調節方法は、パンティングと呼ばれる、舌を出してハァハァとする呼吸法です。
体温が高くなってくると、犬はパンティングをして空気を体内に取り込み唾液を蒸発させることで、自分の体温を下げようとします。

パンティングでも追いつかないほど体温が高くなってしまっている時には注意が必要です。

パンティングをしている状態が、いつもと変わらないのであれば問題はないのですが、体温調節が必要のない状態でパンティングをしているのであれば、何か別の問題を抱えている可能性があります。

ストレスや恐怖を感じている時、体に痛みが伴う時、なんらかの病気にかかってしまっている時にもパンティングをします。
安易に体温調節でやっているとは考えず、さまざまな原因を考えてあげましょう。

少しでもおかしいと感じたら、すぐに病院に連れて行きましょう。

元気がない・ぐったり

散歩に行って遊んだ帰りに、いつもより元気がなくてぐったりしていることがありませんか?
そんな時は熱中症を疑ってください。

気温や湿度が高ければ、熱中症にかかりやすくなってしまい、いつものようにドッグランなどで走り回っていたのに、急にぐったりしてしまうこともあります。
運動をしている時は、体温も上がりやすくなるので、いつものように遊んでいるように見えても、熱中症にかかることもあるので注意をしましょう。

部屋でお留守番をしている時も同様です。
うっかりエアコンをつけ忘れて外出してしまったり、いつもより部屋の温度を高く設定してしまうと、家に帰ったら愛犬がぐったりしている場合があります。

呼吸が荒い・おかしい

体温が高くなると犬は、パンティングを行って自分の体温を下げようとします。
それ自体は普通のことなのですが、あまりに体温が上がってしまった場合に、いつもよりも呼吸が荒くなっている場合があります。

パンティングでは体温低下が間に合わなくなり、熱中症になっているサインです。
あきらかにおかしいなと感じた時は、熱中症の症状も進んでしまっている可能性があるので注意が必要です。

いつもの呼吸やパンティングがどういう状態なのかを把握してあげて、変化に気づいてあげましょう。
お留守番をさせた時でも、家に帰った時に部屋の温度が高く、愛犬の呼吸が荒くなっているなら熱中症の可能性があります。

愛犬の呼吸がおかしくないか注意しましょう。

体温が高い

気温が高ければ、体温も高くなりやすくなります。

散歩や、運動をさせていたらなおさら体温は上がりやすくなっています。
犬の体を触った時に、いつもより熱いと感じたら、熱中症の可能性があります。

触っただけでは分からないので、動物用の体温計を携帯することをおすすめします。
愛犬の平熱を把握しておき、おかしいなと感じた時に、直腸の温度を測ってあげましょう。

肛門に体温計を入れて測るのですが、もし嫌がる場合には、耳で測る体温計もあるので、そちらを使用しましょう。
測るヵ所をその都度変えてしまうと正確に測れないので、毎回同じ場所で測るようにしましょう。

フラフラしている

散歩や運動をすると、やはり疲れます。
元気な犬であれば、走り回ったとしても、帰りにフラフラするようなことはありません。
もし、散歩の途中や、帰り道でフラフラしているような場合は熱中症の可能性があります。

いつもより元気がなく、足取りが弱々しい場合には注意しましょう。
ただ、散歩中にフラフラしている場合には他の病気も考えられます。

様子がおかしいと感じた時は、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。
普段から犬の歩き方や状態を確認してあげて、異常がある時には、熱中症なのか他の病気なのか判断しましょう。

よだれがいつもよりも多い

犬は体温が上がるとパンティングをしますが、その時によだれがいつもより多く出ている場合には注意が必要です。
パンティングは口を開けて、外の空気を取り込み、唾液を蒸発させることで体温を下げます。

その時に、異常によだれが出ている時は熱中症の可能性があります。
パンティングによるよだれの蒸発と、大量にでるよだれで、体の中の水分がどんどんでてしまい、脱水症状になってしまいます。

パンティングを行っている時は、水分を使っていると考えてあげて、併せて水を飲ませてあげるようにしましょう。
よだれがあまりに出ている場合は、熱中症が悪化してしまっていることも考えられます。

熱中症の予防

夏になれば人でも熱中症にかかることがあります。
特に、犬は熱さに弱いので、気を付けてあげないとつらい思いをさせてしまうかもしれません。

熱中症は、さまざまな対策を取ることで予防をすることができます。
次の日の気温を確認したり、水や体を冷やすアイテムを持って行ったり、事前に準備できることも多くあると思います。

かわいい愛犬のためにも、熱中症対策を学んでいきましょう。

熱中症の予防

犬は猫と違い暑さに弱い生き物

犬と同じく、ペットとして人気が高いのが猫です。
犬と猫ではどちらが暑さに強いのでしょうか。

人は暑い時に汗をかいて体温を調節していますが、犬も猫も汗が出る場所が肉球の部分しかありません。
そのため、体温を下げる機能を持っていません。

犬の場合はパンティングを行い、口のよだれを蒸発させて、その気化熱で体温を下げます。
猫は体を舐めて、よだれを体につけて、蒸発させた気化熱で体温を下げます。

この二つの方法は、汗をかくほどの効果がなく、それほど体温を下げることができません。
そのため、熱中症のかかりやすさは、その生態で差が出てきます。

猫よりも犬の方が暑さに弱いのですが、それは生まれたルーツが関わってきます。
猫の祖先はリビアヤマネコという砂漠などに住んでいる種でした。

先祖が暑い地方に住んでいたこともあり、遺伝子的には猫は暑さに強いと言われています。
リビアヤマネコの見た目は、今のキジネコにそっくりで、日本にいても分からないくらいです。

しかし、今の猫からは考えられないくらい獰猛です。

犬の祖先はオオカミで、寒い地方でも生きていける体になっているので、寒さに強い生き物です。
オオカミは順応性が高く、どんな気候でも対応できるので、世界各国に生息し、その土地の犬の祖先だったと言われています。

犬はその土地に合わせた生体を持っているので、寒い国が出身の犬は特に暑さが苦手です。
日本の犬は、昔から人と暮らしてきたので、四季に順応することができ、比較的暑さにも強い犬種が多くいます。

しかし、最近のペット事情では、ヨーロッパなどの海外種の犬を飼っている人が増えてきているので、熱中症になってしまうことも多くあります。
また、日本の気温の変化にも注意が必要です。

実は1920年ころから、だんだんと平均気温が上がっているというデータがあります。
100年前と比べると3.2度上昇したそうで、たかが3度くらいかと思うかもしれませんが、最高気温が36度だった場合には39度になっているということなのです。

2018年では41.1度という国内で最高気温が記録された地域もあります。
このように、気温自体が上がってきているので、今までは大丈夫だった犬でも、熱中症にかかりやすくなっているのです。

危険な温度・湿度を知る

危険な温度

犬の基本的な体温は37.5度~39.2度くらいです。
あくまで平均なので目安として考えて、自分の愛犬の体温はあらかじめ測っておくことをおすすめします。

犬の体温が41度を超えたあたりから熱中症と判断されるので、愛犬の様子を良く見て、必要であれば体温を測ってあげましょう。
犬にとって22度~26度くらいが適温とされているので、それ以上の温度になると暑さを感じるようです。

人でも暑いと感じている場合には、犬も暑いと感じています。
温度管理は注意をしましょう。

危険な湿度

犬は暑さが苦手ですが、実は湿度にも弱いのです。
快適な湿度は40%~60%とされています。

それを超えてしまうと、犬にとって不快な状態になります。
湿度が高いと、毛に湿気が付いてしまい、熱が逃げられない状態となることで、体温が上がる原因となってしまいます。

その状態が続くと熱中症になってしまうのです。
お留守番をさせている時に、室温は低くても、湿度が高い場合には熱中症になってしまう可能性があるので注意をしましょう。

散歩の時間を考える

早朝の散歩

犬は毎日のルーティンでお散歩や運動をさせていると思います。
皆さんは普段何時ころに散歩に連れて行きますか?

朝、日中、夜と、飼い主の生活に合わせた時間になってしまうかと思います。
運動は毎日のことで、犬にとっては同じ時間に行うことで、精神的にも安心します。

ただ、季節によってはお昼に気温がかなり上がってしまうので、散歩に適さない場合があります。
おすすめの時間帯は早朝です。

朝は気温も低く、日中で温められた道路や空気が冷えているので、犬にとっても快適に散歩に行けます。
飼い主さんにとっても毎朝の運動になり、健康的にもいいでしょう。

もし日中にいくのであれば、真夏は避けましょう。

地域によっては41度という記録を出したくらいで、全国的に暑くなっています。

適温が22度から26度くらいの犬にとって、40度近い温度は虐待といってもいいレベルの暑さです。
直射日光も厳しく、日陰に入らないととても歩いてはいられません。

特に真夏日で問題とされているのがアスファルトです。
アスファルトは熱を吸収しやすく、温度が上がってしまうと60度以上にもなってしまいます。

60度のアスファルトの上を素足で歩けますか?
犬の場合、体もアスファルトの近くなんです。

上からは直射日光、下からは地熱が上がってくるので散歩どころではないでしょう。
熱射病も怖いですが、足などにやけどを負ってしまうこともあるでしょう。

最近では足の短い種類の犬も人気の種類になっています。
真夏日の日中に、日陰になっているからと犬を歩かせていると、アスファルトが熱を持っていて熱中症になってしまう可能性もあるので、歩かせる前に十分に注意をしましょう。

朝の散歩の時も注意が必要です。
日が出てくれば気温があがり、直射日光を浴びれば体温も上がることでしょう。

夏など暑い時には、十分に注意をして、日中しか時間がない場合は、無理に外に出ずに、家の中で十分に運動をさせてあげるようにしましょう。

夜間の散歩

仕事をしているとなかなか早朝や日中に散歩の時間が取れずに、夜に散歩に連れて行く人も多いかと思います。
夜ならば、日も落ちて気温も下がっているので、熱中症の心配などないだろうと思っている人もいるのではないでしょうか?

しかし、夜の散歩も熱中症の可能性が十分にあるのです。
涼しい季節では問題ないのですが、夏や気温が高い日の場合、アスファルトの熱が冷めきっていないことがあります。

アスファルトは熱を吸収しやすいので、他の砂利道や、土の道に比べて熱が冷めるまでに時間がかかります。
日が落ちたからといって安心していると、愛犬が熱中症にかかってしまう場合があります。

日が落ちたばかりだとまだアスファルトは冷えていません。
とくに真夏日だと高温になっているので、なかなか冷えないでしょう。

人の場合、あまり道路の熱を感じることはないのですが、犬は体が道路に近いので、まだ冷えていない熱を感じて、体温が上がってしまいます。

夏に夜の散歩に行くならば、気温だけではなくアスファルトの温度も気にしてあげましょう。

夜間の散歩

部屋の温度調整

一人暮らしをしていると、どうしても犬をお留守番させなくてはならない時間帯があります。
犬は人が感じる温度より少し涼しいくらいが適温とされています。

春や秋で、暑い日などは部屋の温度が上がり過ぎないように調整をしてあげることが必要です。
夏は常にエアコンをかけて温度を一定に保つようにしてあげましょう。

仮に忘れて出かけてしまった場合は、部屋の温度が上がってしまい、蒸し風呂状態になってしまいます。
家に帰ったら愛犬が熱中症になってしまっている場合もあるでしょう。

真夏日だったら取り返しのつかない事になる可能性もあります。
お留守番をさせる場合には湿度にも気を付けましょう。

部屋の中の湿度はこもりやすく、出かけるのであれば閉め切って出かけると思います。
部屋の湿度が高い状態だと、犬の体に熱がこもってしまい、室内の温度が低くても熱中症になってしまう可能性があります。

室温だけでなく、湿度も気にかけてあげるようにしましょう。
そこまで気を使うことができないようなら、犬を飼う資格がありません。

飼うからには、犬が快適に暮らせるように愛してあげましょう。

こまめな水分補給

散歩に出かける時は水分補給をこまめにしてあげましょう。
散歩や運動をすると体温が上がるので、体温を下げるためにパンティングをします。

パンティングは唾液を蒸発させることで、熱を飛ばす方法なので、どんどん唾液を消費して、体内の水分が減っていきます。
体内の水分が減ると、熱中症になりやすくなってしまうので、パンティングをしていると思ったら水を飲ませてあげるようにして下さい。

暑くない日で、曇っていたり、雨が降っていたりする日は湿度が高くなっていることがあります。
湿度が高い場合は、犬の体に熱がこもってしまうので、体温が高くなってしまいます。

湿度が高い時も、こまめに水分補給をしてあげましょう。
部屋でお留守番させている時も同様です。

いっぱい水を用意してあげて、家に帰った時にはお水の減り具合を見て足りているか確認することが重要です。

熱中症の治療

熱中症はとても怖い病気ですが、どんなに気をつけていてもかかってしまう場合があります。
気温も湿度も普通だったとしても、犬の体調が悪かったり、水をあまり飲んでいない状態だったりした時には、熱中症になってしまうかもしれません。

もし熱中症であれば、早急に処置が必要です。
そこで、熱中症になってしまった時の対処方を学んでいきましょう。

熱中症の治療

動物病院へ急行

犬が熱中症にかかっている場合にはさまざまなサインを出します。
もちろん応急処置が必要ですが、様子を見るのではなくすぐに病院に連れて行きましょう。

少しでも遅れてしまうと、取り返しのつかないことになる可能性もあります。
アメリカで行われた調査では、熱中症にかかった犬の死亡率は36%~50%とかなり高くなっています。

それも、応急処置をしなかった場合が49%で、応急処置をした場合でも19%も死んでしまっているのです。
熱中症で病院に運ばれてくる多くの犬は亡くなってしまっているのですね。

熱中症にかかり、体温が上昇して40度以上になると、よだれを流しながら呻いたり、けいれんしたり、失神したりします。
体温が43度以上の状態が長く続いてしまうと、臓器が熱によって固まってしまいます。
一度損傷してしまった臓器は元には戻りません。

49度まで上昇してしまった場合には、脳にも損傷が出て、5分程度で死んでしまいます。
犬にとって熱中症がいかに危険な症状か分かるかと思います。

おかしいなと感じたら。動物病院に連れて行ってあげましょう。
仮に何らかの症状がでた時に応急処置をしたら良くなったという場合でも、必ず病院に連れて行ってあげましょう。

なんらかの損傷を受けて、後遺症が残ってしまう場合もあります。
いかに初期症状の段階で気づいてあげられるかが大事なんです。

初期症状で気づいてあげられれば、応急処置も早くすることができるので、犬への負担も減らすことができるでしょう。
応急処置は90分以内に完了させることが大事です。

時間がかかってしまうと、その分犬へのダメージが大きくなってしまいます。
なるべく早く応急処置を行って、早めに病院に連れて行ってあげて下さい。

応急処置

とにかく熱中症の症状に気づけたのであれば、すぐに病院に連れて行ってあげることが大事ですが、近くに病院がなかったり、車もなかったり、タクシーもなかなかつかまらなかったりすることはあると思います。
熱中症の症状を確認した時には、状況を考えてすぐに応急処置をしましょう。

応急処置をいかに早くできるかで、愛犬が助かるかどうか変わってきます。
応急処置の方法を確認して、いざという時のために備えましょう。

体温を下げる

熱中症の症状を見つけたらまずは涼しいところに移動させましょう。
日光を浴びていると、動いていなくても体温が上昇してしまいます。

日陰に入れる時には、地面の温度も同時に確かめましょう。
さっきまで直射日光が当たっていたアスファルトの上だと、犬の体温より高い可能性があります。

犬の体温より低い場所を探すか、断熱性の毛布などを敷いて、体温より低い状態を作ってあげましょう。
近くに水がある場合には、水をかけて冷やしてあげましょう。

その際には、あおいで風を送ってあげましょう。
自宅などで扇風機があるなら扇風機の方がいいでしょう。

水に濡らしてあおぐことで、水と風で体を冷やすと同時に、水が蒸発して体温の熱を逃がしてくれます。
や保冷剤など、体を冷やすものを持っている時は、体の太い血管が通っているところを冷やしてあげましょう。

主に、わきの下、喉元、うちもも、おなかになります。
血管を冷やすことで、冷たい血液が体をめぐって冷やしてくれます。

その時に、脳に損傷がでないように頭を冷やしてあげましょう。
毛が短い犬の場合、部分的に冷やしすぎるとシバリングという体温をあげる反応が出てしまうことがあります。

肌に付けっぱなしにするのではなく、付けたり離したりしながら、だんだんと体温を下げてあげるようにしましょう。
近くに家庭用の小さいプールなど、水がたまっている場所がある場合は、水につけてひやしてあげましょう。

ただ、夏に家庭用のプールを外で使っている場合は、水温が上がっていて、犬の体温より高くなっている場合があります。
必ず水温を確認してから入れるようにしてあげて下さい。

また、ぐったりしていておぼれてしまう可能性もあるので注意が必要です。
応急処置をする時に、冷やしすぎにも注意しましょう。

体温が39度を切るくらいになったら安全なので、すぐに病院に連れて行ってあげて下さい。

水分補給

熱中症にかかってしまっている場合には水分補給も大事です。
なるべく冷たくて、新鮮なお水を与えるようにしましょう。

その時に犬用のイオンウォーターがある場合には飲ませてあげましょう。
人が飲むものでも大丈夫ですが、糖分や塩分が高いものが多いので、薄めて飲ませてあげるようにしましょう。

あまりに症状が重くなってしまった場合には、無理に飲ませると器官に入ってしまう可能性もあります。
そういった時には、体を冷やすことに専念してあげましょう。

まとめ

まとめ

熱中症は犬だけでなく、猫や飼い主もかかってしまい、最悪の場合には命を落としてしまう可能性のある怖い病気です。
特に犬は暑さに弱く、熱中症にかかりやすいので注意が必要です。

犬には散歩が必要なので、外に出してあげることが多くあると思います。
季節などで、外の状況は大きく変化します。

特に夏場であれば、気温が高いというだけでなく、アスファルトの温度も上がっているため、外の状況の確認が必要になってきます。
早朝ならばまだ、道路も暑くはないのですが、夜の場合は、まだ道路が熱を持っていて、犬が熱中症ややけどを負ってしまう可能性もあります。

自宅でお留守番をさせている時でも、温度や湿度を管理してあげないと熱中症にかかってしまう可能性はあります。
犬の適温は人よりも低いくらいがちょうどいいので、温度には気をつけてあげましょう。

どんなに気をつけていても、熱中症にかかってしまうことはあります。
重要なことは熱中症を初期の状態で見つけてあげることです。

さまざまなサインを出すので、見逃さないように注意しましょう。
もし、熱中症にかかってしまったら、すぐに病院に連れて行ってあげましょう。

少しでもおかしいなと感じたら、手遅れになる前に病院に連れて行ってあげることが大事です。

熱中症を正しく理解して、愛犬を熱中症から守ってあげましょう。